会計ソフトでは、一つの情報の入力だけで、自動でいろいろと計算されます!

伝票から帳簿への転記をしなくて良い

従来の帳簿記入の手法では、毎日の出費や収入を伝票に記載してから、それぞれの元帳や補助元帳に転記する必要があります。現金に関する取引であれば、青枠の入金伝票や、赤枠の出金伝票に記載し、それ以外の取引であれば振替伝票に書き入れます。それぞれの伝票の情報を元に元帳等に再度記帳することから、ミスをしやすいです。締め日や月末に数字が合わないと、領収書と伝票とを付き合わせて確認するので、非常に労力がかかりやすいでしょう。
会計ソフトを使えば、伝票を入力しただけで、元帳や補助元帳の作成ボタンをクリックすれば、自動的にデータが集計されます。転記をする必要が全くありません。補助元帳に相手先ごとの補助科目が設定できれば、売上や売掛金、仕入や買掛金の元帳を確認すれば、仕入台帳や売上台帳がなくても、残高等を確認することも可能です。

伝票画面を使わなくても出納帳から入力も可能

経理事務に慣れていない方の場合、伝票画面からの入力に馴染めない方も多いと思われます。会計ソフトを使えば、どの作成画面から入力しても、集計の仕方で必要な書類の作成ができるので、慣れている形式で入力しやすく、ハードルも低く感じるでしょう。
例えば、小遣い帳や家計簿に近い形の帳簿として、現金出納帳や預金出納帳があります。普通預金の通帳のように入出金の欄と差引の残高の欄があり、出納帳の画面であれば、入金と出金の欄が明記されているので、借方や貸方を取り違えやすい方でも入力がしやすいですし、お金の動きも把握しやすいです。
どの画面からでも入力でき、帳簿の作成だけでなく、試算表を印刷して月々の経営状況の確認もできますし、グラフ化して確認しやすくすることも可能です。確定申告に必要な決算書の集計と作成も可能になりますので、自分で計算する必要がありません。手間もかかりませんし、致命的なミスもしにくいです。

勤怠管理システムは、システムにアクセスして出勤開始・終了時間を入力したり、有給休暇の取得を申請したりするためのシステムです。